「仕事をとる」と「仕事を作る」フリーランスの2種類の働き方

 

こんにちは!ゆうきです!

フリーランスとして働いていく上であなたはどんな仕事のやり方を思い浮かべますか?

「自分の好きな場所で、好きな時に、好きな仕事をしながら働ける」そんなイメージが大半ではないでしょうか?

 

そこで今回はフリーランスのイラストレーターやデザイナーの働き方について話そうと思います。

 

フリーランスの働き方は2種類ある

f:id:yuki1732:20170523174009j:plain

さっきも言ったようにフリーで仕事をするということは、会社には雇われず、場所にも時間にもとらわれず自由!!と言うイメージがやはり強くあると思います。

 

でもよくよく考えれば「仕事をとる」という考え方と「仕事を作る」という考え方2種類ありますよね。こう聞いてなんとなくわかるでしょうか?

 

なぜ今回この話をするのかというと、この2つの働き方の違いであなたの人生がぐるっと変わってしまうからです。

 

「仕事をとる」働き方

「仕事をとる」というのは既に存在していて報酬額もある程度決まっている仕事を請け負ってこなすということです。

 

それなので仕事をこなす上での条件が決まっている場合が多いです。

デザインやイラストの雰囲気やテイスト、キャラクターやイメージカラーなどの決まり、納期や形式の決まりなど、様々な条件が与えられます。

 

それなので、自分で好きなものを好きなだけ描いたりデザインできるというわけではなく、仕事の形式的には就職して任された仕事をするのと同じような感じにはなりますよね。

ただ時間や場所の自由が与えられるという感じです。

 

でも会社で働いてるときのように所属しているだけで仕事を与えられるわけではなく、自分が出来る仕事を見つけて仕事をもらいに行くというイメージです。

フリーのイラストレーターなんかはそんな人が多く、本の挿絵や企業のマスコットキャラクターデザインなど様々な仕事があります。

 

「仕事を作る」働き方

f:id:yuki1732:20170524142136j:plain

それに対して「仕事を作る」というのはそのままの意味で、既存の仕事をするわけではなく自分で仕事自体を作ります。自分自身でお店を展開して逆にお客さんを集めるということです。

 

これは自営業のお店やお祭りの屋台をイメージしてもらえればわかりやすいと思います。自分で何屋さんをやるのかを決めて、売り物を作ってお客さんを呼び込んで販売する。

この流れとフリーランスで仕事をすることは全く同じと言えますよね。

 

 

こちらの方がどちらかというと、「フリーで自由に仕事がしたい!」そういうあなたが望んでいる姿かもしれません。

 

「仕事をとる」働き方ではできなかったデザイン性の自由や締切期限があるわけでもなく、自分のお店を自分の手でゼロから作り上げることができます。

 


それなので「仕事を作る」というのは、あなたの好きなことを存分に発揮しながら仕事ができる働き方ですよね。

 

フリーランス初心者は経験しろ!

f:id:yuki1732:20170524194100j:plain

じゃあ「仕事をとる」より「仕事を作る」働き方をすればいいの?という声が上がってきそうですが、一概にそうとも言えません。

 

フリーランスなら仕事に制限がある働き方よりも、自由に働ける方がいいじゃないか!そんな風に思うかもしれません。つまり「仕事を作る」働き方の方がいいと。でもよく考えてみてください。

 

あなたが今自分で自分のお店を出したとして、そこにきてくれるお客さんはいるでしょうか?

そもそもその商品に需要はあるでしょうか?

本当にあなたのやりたいことで働いていけるのでしょうか?

 

そこがフリーランスで「仕事を作る」働き方の大変なところです。

 

 

さらには個人で経営してく上での事務作業が相当増えます。そのあたりの勉強もしなければいけないですよね。「仕事を取る」働き方はその部分を相手側がしてくれることが多いので楽なんですよね。

 


「どうしたらいいのかわかんなくなってきたなあ…結局何をどうしたら一番いいんだ?!」あなたはそう悩んでいると思います。

 

フリーランスとしての働き方の方向性を決めるときに一番大切なのはなんなのか。

 

「まずは2つの働き方を両方体験すること」

これに尽きます。

 

柔軟に対応できるフリーランスになろう

f:id:yuki1732:20170524200204j:plain

何事においてもそうですが、2つ以上の可能性があるものを1つだけやって終わってしまうのは勿体無いと思いませんか?

 

例えば「仕事を作る」働き方をするんだ!!そう固く決意して実際にやってみたけれど、周囲の認知度も低いし全く思うようにいかない…。

でもこれしか道がないと思っているので軌道変更することができず結局うまくいかなかった。そうなったらなんて悲しいことでしょう…。

 

 

でもいろんな働き方を経験しておけば、何かに失敗したときに解決するための策や軌道修正がしやすくなりますよね。

いろんな経験をしておくことのメリットは、今後何かをしていくときに柔軟に対応できる知識と知恵が身につくことです。

 

 

たくさん経験して失敗して、それでも自分なりにやってみて。そうして自分に一番あってると思うことをやっていけばいいのです。

 

そんなに焦る必要はありません。では今のあなたができる範囲内で、「仕事をとる」働き方と「仕事を作る」働き方を体験してほしいと思います。

 

まずは身近で簡単な仕事から

f:id:yuki1732:20170524202939j:plain

 

クラウドソーシングサイト

「仕事をとる」働き方は様々あります。インターネット上に企業や個人で仕事の依頼をしたい人は結構たくさんいるんです。そこであなたでもできるのがクラウドソーシングサイトを利用して仕事をとることです。

 

クラウドソーシングとは、会社と個人、個人と個人とで仕事の取引ができるようにしたお仕事のマッチングサイトのことです。

ここには様々な仕事が投稿されており、あなたにできるものを自分で探して受注することができます。

 

 

仕事内容、条件、1つの仕事を終えたらいくら、1時間単位にいくらなど細かく記載されています。その内容であなたがやりたいと思うものを自分で選んでお仕事することができるんです。

 

ネットショップ

 

「仕事を作る」働き方は先ほども言ったように自分でお店を出します。

やり方は簡単でよくハンドメイドなどを自分で売ってる人のように、ネットショップを開場して自分自身のコンテンツや商品を販売するだけです。

 

これらのもともとユーザーが存在するアプリなどでお店を出すと意外と見てくれる人もいて、お客さんが集まってくれる可能性はすごく高いです。

 

でもそれだけだとなかなか難しいところもあるので、自分の作った商品をネットショップで販売しながらお店の存在を知ってもらうためにSNSなどで宣伝しましょう。いろんな媒体を使って宣伝したりするのも「仕事を作る」働き方の1つですね。

 

さいごに

f:id:yuki1732:20170524205856j:plain

これらのサイトを使った仕事のやり方は、無料の会員登録をすれば誰でもできます。そう、今のあなたでもできるんです。

つまりあなたも今すぐにでもフリーランスとしての働き方を体験することができるということです!

 

そのために今すぐクラウドソーシングサイトとネットショップのサイトに会員登録をしてください!

そしてあなたのできる仕事を探してみたり、他の人がどんな商品を売っていたりするのかを見て研究してみてください。

 

 

そうすればあなたがこれから働いていく上でのいいヒントが見つかるはずです。

 

すでにやっている人やうまくいっている人の行動ややり方を研究して真似することは大切なことです。フリーランスとして働いて行きたいのなら今すぐ行動しましょう!

 

では今回はここらへんで!
また次の記事でお会いしましょう!

ゆうき