他の商品と差をつけるパッケージデザインのコツ

 

こんにちは!ゆうきです!
いつも記事を読んでくれてありがとうございます!

 

あなたは何かものを買うときに、お金の上限がなければどんな部分を意識しますか?作っている会社?成分表?利便性?それは人によって様々だと思います。

 

でも人間というのは自然と一番引き立っているものに、可愛い!かっこいい!素敵だ!と思いいつの間にか手にしてしまっています。

 

お客さんがいつの間にか買っていた!そんな風に思わせたり行動させることはパッケージデザインを考える上で大切になってきます。今回はパッケージデザインにおいて大切なことを話していこうと思います。

 

なんでパッケージデザインは必要なのか?

f:id:yuki1732:20170527113912j:plain

なぜ世の中の商品にはすべてパッケージが付いているのでしょうか?

パッケージデザインは、わざわざ莫大なお金をかけてその商品に合ったデザインをするわけです。なんで、なんでもない無地ではいけないんでしょうか?

 

 

世の中には数え切れないほどの商品やサービスが存在しています。その中でもさらに同じ種類の商品はたくさんあります。例えば、コスメやカップラーメンとか日用品、目に見えないサービスでもそうですね。

大量にそのような商品を無地のパッケージでズラーっと棚に並べられたら、どれが何味かとかどれが何に対応しているものなのかなどがわからなくなってしまいます。

 

 

それを防ぐためにお客さんに「この商品はこういったものですよ〜」と、示してあげるのがパッケージデザインです。

それなのでパッケージデザインというのは世の中に溢れかえっていて私たちの生活と密接に関係しているんですね。

 

パッケージデザインの本質とは

f:id:yuki1732:20170527121000j:plain

企業や個人で何かパッケージを考える時、多くの時間やお金をかけてデザインをしていきます。ではパッケージデザインをする上で大切なこととは何でしょうか?

 

パッケージデザインを考える時に一番大切なことは、
いかに短い時間でこの商品に込められたメッセージを伝えるかです。

 

 


棚に陳列された商品を見てもらう時間はわずか数秒です。
あなたも1つ1つの商品を何分間もじっくり見て決めるなんてことはありませんよね。

なんとなーく、さーっと眺めて「これ良さそうだな」と、なんとなーく感じて決めることでしょう。その数秒の中で、お客さんにこの商品はどんなものなのかを伝えなければいけません。

 

 

その数秒の間にどんなものなのかわからず、お客さんに魅力的に感じてもらえなければそのまま素通りで終わってしまいます。それでは全く意味がありませんよね。


お客さんの目を惹く
ようなデザインにしながらも、どんな商品なのかを伝えることが重要なポイントになってきます。

 

メッセージ性をもたせながらデザインをする

では、目を惹くようなデザインにしながらもメッセージ性を出すにはどのようにしたらいいのでしょうか?

目を惹くようなデザインにするには他の商品と「差別化」しなければいけません。

 

その方法は、既存の他の商品の当たり前と逆のことをすればいいのです。

 

差別化するにはいろいろな方法がありますが、その中で私がお勧めする方法を2つ紹介します。

 

 

既存のイメージを排除し、逆のことをする

 

例えば、カップラーメンのパッケージを考える時に普通は、麺が美味しそうに箸で掴まれていてツヤツヤ光っている。香りや味を想像できそうな色味に具材の写真を載せて、商品の名前と味と何分で完成するのかのメッセージが込められています。

 

でも世の中で存在しているカップラーメンのパッケージってほとんどかそのテンプレに沿って作られています。ぶっちゃけたくさん並んでいたら何にしようかめちゃくちゃ悩みます。

 

そこで一気に目を惹くデザインにするには、さっき例で挙げた要素をすべて取り除いて違うデザインにします。

そうすることでお客さんは、今まで見たことのない新しいものを発見したぞ!というワクワク感が生まれて興味を持つわけです。

 

その中で一番目立つようなデザインにする、そしてその中でその商品がどんなものなのかを表現する形や形状にすることでメッセージ性を高めるのが一番効果的です。

 

 

イメージカラーで統一する

 

その商品のイメージカラーを徹底的に使って統一していきます。

人間は文字を読んで商品を認識するよりも、図形や色などを視覚的に取り込んだ方が脳に残りやすいです。それなのでその商品のイメージカラーを設定してとことん使うのも効果的です。

 

世の中にあるブランドのお店や飲食店もテーマカラーやお店の雰囲気に合わせて照明を変えたり塗料に配慮したり、商品を入れる袋なども作られています。

赤と黄色。と聞いてイメージできるお店やキャラクター。たくさん出てきませんか??

 

こうやって色は人間の脳に残りやすくなるのです。さらに面白いデザイン性のある図形なども入れられたら、イメージが定着しやすくなりますよ。

 

最後に

f:id:yuki1732:20170527130640j:plain

あなたがパッケージデザインを手がける時に大切にして欲しいのは、常に頭の中に逆の思考を入れておくということです。

 

人の目を惹くような素晴らしいデザインをできるようになるために、今すぐ世の中のジャンルの中でどんなデザインが採用されているのかを調べてその逆はどんなものなのか考えてみましょう。

 

そうやって今から常に逆の思考を入れておくことで、これから何かを考えていく上でどんなことでも引き立つデザインを創造することができるようになりますよ!

では今回はこの辺で!また次の記事で会いましょう!

ゆうき